buisiness

英語講師の面接について

英会話講師になるためには面接も大きなポイント

英会話講師になるためには高い英語スキルを持っている事も大切なポイントですが、面接を乗り切る事も大切なポイントです。
面接でも英語スキルの確認が行なわれますが、その他のポイントもとても大切になります。
むしろ英語講師として応募する以上、英語スキルを身につけている事は必須で、それ以外の部分で差がつくポイントにもなるので、英語講師として面接で見られるポイントについて確認しておく事をお勧めします。

英語講師が面接で見られるポイント

英語講師を希望する方が面接で見られるポイントとしては、まずは人柄です。
英語の指導を生徒さんに行なう事になりますが、講師の方の人柄はレッスンや授業に大きな影響を与えます。
淡々と知識を並べていくようなレッスンなどだとやはり生徒さんもつまらないと感じてしまい、再度レッスンを受けようとは思わないはずです。
そのため、講師の方の人柄や楽しいレッスンができそうかという事はとても大切なポイントになります。
英語講師として仕事がしたいという事は、ある程度レッスンを行なう事を想定して応募をしているはずなので、そこをよりはっきりとさせておくと良いでしょう。
あなたのイメージする理想のレッスンができるような人柄を面接で表現していけば、面接官の方も好印象を持ってくれやすくなります。

社会人としてのマナーも大切なポイントになります。
基本的な部分ではありますが、再度押さえておきたいポイントです。
英会話講師の方の中には英語圏の文化から影響を受けるあまり、日本での社会人としてのマナーが守れていない方も中にはいます。
時間にルーズなのはもちろん不採用になりやすくなりますし、立ち居振る舞いや言葉使いなども基本的な事は押さえておく必要があります。
意外に忘れがちなポイントなので、ぜひ気をつけておきましょう。

また、熱意も大切なポイントになります。
高い英語スキルを身につけていても英語講師として本当に仕事がしたいのかという点は大きく問われる所です。
あなたの英語講師になりたいという気持ちを面接の際にぶつけていく事で、面接官の方にもその気持ちが伝わりやすくなり、採用にも至りやすくなります。
再度あなたがなぜ英語講師として仕事をしたいのかを振り返っておくと良いでしょう。

ポイントを押さえて面接を乗り切ろう

以上のようなポイントを押さえて面接に臨めば、採用に至る可能性も高くなるはずです。
また、これに加えてもちろん英語スキルは確認されるので、応募した仕事内容に合った英語スキルが伴っている方は確認しておきましょう。
英語講師として採用された時にはぜひその力をしっかりと発揮して仕事をしていってくださいね。