dh093

アクセントを正しく覚えるコツ

アクセントは実際の会話で覚えよう

英語の勉強をしていく中で単語を覚えることや文法を覚えることは比較的簡単です。
発音になってくると若干コツが必要になってくるのですが、さらにアクセントについても難しいと感じることが多いでしょう。
実際に勉強していく中で、アクセントというのは英会話が堪能な人、もしくは外国人の方に聞かなければわかりません。

アクセントを知るための教材なども販売されていますが、それでも商品によってアクセントが違っているので、わからくわからなくなってしまうこともあります。
やっぱりアクセントを正しく覚えるためにはとにかく実践的に英会話で聞くというのが1番です。

日本人はどうしても日本語なまりのアクセントを持っているので、英語を覚えてもその癖が出てしまいます。
その状態で英会話を覚え話をしても、しっかり伝わりにくい部分や、うまく伝わらないまま相手を困らせてしまうこともあります。
アクセントを正しく覚えるためには、とにかく何度でも実際の英会話を経験していきましょう。
また自分が英会話を習う際に海外の先生に教えてもらうというのが良い方法です。

日本語のアクセントを忘れること

先ほどもお話したように、日本人というのは日本語のアクセントを意識しながら会話をしてしまうことがあります。
これは英会話であってもその他の外国語であっても同じことが言えるでしょう。
なので、まずは日本語のアクセントそのものは走らなければなりません。

時代によって日本語のアクセントも変わってくるのですが、最近は語尾を下げるというアクセントが流行っていますね。
このままの状態で英会話をしてしまうと、ほぼ意味が通じず終わってしまいます。
基本的に英会話というのは語尾をあげるもしくは高揚したように楽しそうに話すということを覚えておきましょう。

語尾を下げるというのは英会話の中で原則として相手を蔑むときや、クレームなどを出す時です。
これを覚えておくだけでもアクセントを覚える際に参考になりますよね。

クエスチョンは強調する

アクセントを意識して英語について勉強していくのは、上でお話したようにとても大切なことです。
このアクセントがどれだけ重要なものなのかを勉強している人なら知っていることでしょう。
中でも疑問形に関してのクエスチョンは特に強調するように覚えておきましょう。

クエスチョンで相手に質問を投げかけているのに、その通りの答えが返ってこないときにはクエスチョンになっていないことがあります。
やっぱりこれも日本人特有のアクセントが出てしまうことがあり、語尾下がりになってしまうことや、平坦になってしまうことが原因です。

聞きたいことがあるときには思い切り語尾をあげて、あなたに聞いているという事が伝わるようにした方が良いです。
文字で書いていればクエスチョンマークをつけるだけで疑問系になりますが、トークの場面では目に見えませんから、やっぱりアクセントを意識して相手に投げかけることが重要ですよね。